歯並びを改善して脳の活性化も助ける治療をするならJPL歯科

歯の位置歯の位置が正常な位置にないと、歯や口の働きが阻害されてしまいます。歯、口が使いづらくなると、毎日の食事がスムーズにいかなくなります。特に、硬いものを食べられなくなります。柔らかいものなど、食べやすいものだけを食べていると、食事に偏りが出てしまいます。特に成長期のお子さんに、このような兆候が見られる場合、栄養的な面で心配です。十分な栄養が補給されてこそ、健全な育成が促されるのです。大人になってからも、偏った食生活をしていると、深刻な病気を引き起こしてしまいます。だから歯並びや噛み合わせの悪さを矯正することが大切なのです。


歯や口の働きは、食べることだけではありません。話す時、正常な歯並びでない場合、発音に影響が出てしまいます。うまく発音できない音が出てきます。歯並びの悪さは、コンプレックスとなりがちですが、それに加えて、発音に苦痛を感じることになると、ますます性格が内向きになってしまうかもしれません。感じやすい成長期のお子さんなら、なおさらです。

よく噛めないということは、脳の活性化も阻害してしまいます。良く噛むことにより、脳に良い刺激が与えられるためです。刺激は知能の発達を促します。成長期のお子さんなら、改善させたいことです。ボケ防止にもなりますから、長い目で見ても、矯正して良く噛めるようにしておくことは大切です。


歯を矯正すると、見た目も大きく変わります。上あごまで入れると、歯は顔の半分近くを占めています。それがどのような印象を与えるかで、顔全体の印象も変わります。